舰娘想歌

编辑:花草网互动百科 时间:2020-05-30 11:26:31
编辑 锁定
注册用户数突破200万的日本人气卡牌类网页游戏《舰队Collection》,终于推出了Vocal Collection!
Vol.1 收录「暁の水平线に」「镇守府の朝」[1] 
Vol.2 收录 「华の二水戦」「提督(あなた)との绊」[2] 
中文名称
舰娘想歌
外文名称
艦娘想歌 艦隊これくしょん -艦これ- ボーカルコレクション
专辑语言
日语
专辑歌手
【壱】藤田咲野水伊织洲崎绫 【弐】佐仓绫音东山奈央
曲目数量
2(2 Instrument)
发行时间
2014-08-03
音乐风格
J-Pop
唱片公司
角川書店
制作人
Kaori Ohkoshi(大越香里),minatoku
发行地区
日本

舰娘想歌舰娘想歌壱

编辑

舰娘想歌暁の水平线に

舰娘想歌【壱】 舰娘想歌【壱】
歌 : 一航戦旗舰二代 -赤城(CV.藤田咲)&翔鹤(CV.野水伊织)
栄光の日 私の想い 〖那些荣耀的日子 我的回忆〗
刻むの 暁の海に 〖都刻划在 拂晓的海洋上〗
在りし日 懐かしい笑颜に 〖怀念著 过去的那些笑容〗
决意と骄り 叹きの海 〖带著决心与骄傲 航向悲伤的海洋〗
空の向う 睨んで 〖凝望著 远方的天空〗
颜を上げて 风上へ 〖抬起头来 前往上风处〗
磨いた腕 集う 辉く翼达 〖带著训练的技术 集合 闪耀著光辉的翅膀们〗
今こそ放つ 〖就是现在〗
全机 攻撃队発舰! 〖全机 攻击队离舰!〗
九七(きゅうじゅうなな)の希望(ひかり) 力よ 〖九七的光芒 与力量〗
轮廻の零(ぜろ) 〖轮回的零战〗
解き放つの 未来(あした)へと 〖解放一切 飞向未来〗
九九(きゅうじゅうきゅう)の愿望(ゆめ) 想いよ 〖九九的梦想 与心意〗
いつまでも 〖不管何时〗
どこまでも 〖无论何地〗
辉いて 〖都会闪耀著〗
贯いて さあ 〖贯穿一切 去吧〗
受け継いだ翼确かめ 〖确认著自己所继承的羽翼〗
支えるのこの海 力の限り 〖我也要尽我的全力 撑起这片海洋〗
どうして まだ足りないの? 〖为什麼 还是不够呢?〗
そんな修辞疑问はいらないわ 〖这样的疑问修辞才不需要呢〗
鹤のように 気高く 〖像鹤一样地 高贵〗
やるわ 全てを赌けて 〖上吧 将一切全都赌上〗
远く空を 睨んで 〖凝望著 远方的天空〗
暁の向う 彼方に 〖飞往太阳拂晓的东方〗
今放つの 浑身の矢を 愿い届いて 〖现在放出 满载全部愿望的箭矢〗
一航戦 〖一航战〗
攻撃队 発舰始め! 〖攻击队 开始离舰!〗
彗星のように瞬くの 私达 〖就像是彗星一样闪瞬的 我们〗
零(ぜろ)の追忆 〖带著零战的回忆〗
くぐり抜けで 过去を 未来(あした)へと 〖穿越著 过去以及未来〗
哀しみを今 〖现在的悲伤〗
翔び越えて行(ゆ)く 〖要将其飞越〗
虹かかる 天山 〖虹彩依靠著 天山〗
辉くの 〖与那些〗
あの流星达のように 〖闪耀著的流星一样〗
九七(きゅうじゅうなな)の希望(ひかり) 力よ 〖九七的光芒 与力量〗
いつまでも 〖不管何时〗
どこまでも 〖无论何地〗
九九(きゅうじゅうきゅう)の愿望(ゆめ) 想いよ 〖九九的梦想 与心意〗
轮廻の零(ぜろ) 〖轮回的零战〗
解き放つの 未来(あした)へと 〖解放一切 飞向未来〗
烈风を巻き起こして 〖烈风卷起一切〗
突き进め 〖向前突进〗
いつまでも 〖不管何时〗
どこまでも 〖无论何地〗
暁の约束を 今 〖拂晓的约定 就是现在〗

舰娘想歌镇守府の朝

歌 : 第六駆逐队 -暁、响、雷、电(CV.洲崎绫)
さぁ起きて
みんな
Are you ready?
该起床罗大家
Are you ready?
朝の风 海にもおはよう
ちゃんと准备はできてる?
だってあたし谁よりもお姉さんだから!
对著早上的风还有海道声早安
看看自己有没有准备万全
毕竟我比所有人都还像姊姊嘛!
装备 作戦 补给 练度
それだけじゃ足りないのよ
きっとみんなで心あわせ乗り越えていける
装备 作战 补给 练度
光有这些还是不够的
还要大家同心协力才能度过难关
光る水平线目指して
さあ 抜锚よ
朝著发光的水平面
是该拔锚出航的时候了
いつか静かな时を
贵方と过ごしたい
总有一天
要和你一起度过一段安静的时光
きっとこの愿い
か・な・え・る
这个愿望一定会实现
いざ 出撃!
罗针盤 かざす手が
震えてしまっても
出击吧!
即使转下指南针的手不断发抖
雨 岚 気にしない
うずしをも乗り越えて
不管是雨还是暴风 都不看在眼里
就算是漩涡也能越过
见て!ほら 光る水面(みなも)が
贵方みたい 优しい
看看前方波光荡漾的水面
就像你一样地温柔
ずーっと憧れ続けた
青く澄んだ海
这既蓝又清澈的海
是我一直都向往的地方
敌舰どこに行ったの?まーいっか
そんな日の朝
敌舰跑去哪了?当作没看到吧
就是这样的早晨
暁「た、たまたま道がそれちゃっただけよ!
罗针盤の调子が悪いのよ!」
晓 「只、只是刚好偏离航道而已啦!指南针的状况就很糟嘛!」
雷「きっと雷(いかずち)达におそれをなして逃げたんだわ!」
雷 「他们肯定是怕了我们逃跑了!」
电「できれば、戦いたくないのです」
电 「可以的话真的很不想打仗」
响「ハラショー」
响 「太棒了」
ちっちゃいってみんな言うけど
お役に立つわ ホントよ
きっと あたし达にしか
できないコト
虽然大家都说我们个子很小
但还是能帮上忙的
肯定只有我们才能办到的事情
风をきって先に进むわ
もっと頼っていいのよ
乘著风,继续向前
可以再多多依靠我们的
入渠 工厂 建造 改装
ばっちりだから!
因为入渠 工厂 建造 改装
我们都做得非常完美!
くるくると形を変える 云に飞び乗って
少しだけお休みしたい
こんな気持は多分あのコ达も一绪ね
想跳上一圈一圈改变外型的云朵上稍作休息
这种心情或许和其ta舰娘都一样吧
いざ抜锚!
それぞれ目指すところが违っても
拔锚启航吧!
即使每个人眼前的目标不尽相同
时に冲突して
でもすぐに仲直りして
即使偶尔发生冲撞
也能马上和好
来て!ほら海の中にも
キレイな世界が広がる
跟上来吧!
这片海上也有一个美丽的世界
ずーっとあたしたちが
护り続けてゆくから
我们会永~远地保护这个镇守府
もっと近くにきて 一绪に
生きていこう
再靠近我一点
一起走向未来吧
针路 オッケイ!
眩しいマスト ゆりかもめが群がる
航路 OK!
闪耀的主桅上 有著成群的海鸥
悩んでも迷っても
きっと绝対に大丈夫(なのです)
即使现在烦恼也好 迷惘也好
到最後也一定没问题(没问题的)
见て!ほらみんな待ってる
贵方と私の镇守府
你看!属於你我的镇守府里
还有大家在等著你
ずーっと憧れ続けた
青く静かな时
我一直都憧憬不已
能有一段既蔚蓝又安详的时间
この手つないだままで
もーいっかい!
我们手牵著手
再唱一次!
そんな日の朝
镇守府の朝
就是这样的早晨
我们镇守府的早晨

舰娘想歌舰娘想歌弐

编辑

舰娘想歌华の二水戦

舰娘想歌【弐】 舰娘想歌【弐】
歌 : 川内型軽巡洋舰 - 川内、神通、那珂(CV.佐仓绫音)
征く路を照らす
照亮征途
暗闇を切り拓く
在黑暗中开拓出一条路
私の大切なその全てを
我最重视的一切
护るため
为了守护她们
谁よりも速く 奔れ
奔跑吧 比任何人都要快
伝えるの この想い
这样就能传达吗 这份思念
闇に心闭ざしてた
将内心封闭在黑暗中
怯えた振りしたままで
一直保持装做害怕的样子
その照准で 私の
就那样瞄准 我的
舞台を 见つめていて
舞台 仔细看著
本当の気持ちを集めて
将真正的心情集合起来
この身晒して
将此身曝於危险之中
照らして
照亮一切
解き放て!
解放!
华の色は徒らに
虽然花儿的色彩只能空虚地
褪せて消え去るけど
褪色而後消逝
希望さえあれば
只要能留下希望就好
贵方が在るその时代まで
为了到你所在的时代
今は駆け抜けるの
我正奔跑著
この夜を 越えて
跨越这个夜晚
优しい日々 想う
想念著温馨的日子
言叶交わす度深くなる
每当对话时就更深一层
戦いの意味それより
比起战斗的意义
きっと もっと大切な
一定有什麼 更重要的事物
舞台のぼるその前の
像是在登上舞台之前的
気持ちのような 火花
心情一样的 火花
覚悟を决めたなら
做好觉悟的话
戦火を开いて
就开启战火
飞び込むの
投身其中
迷・わ・な・い
毫、不、迷、惘
华の命は移り逝く
花儿的生命随时间消逝
闘う鬼百合となり
一旦化为战斗的鬼百合
後ろにはさがらない
就绝对不会退後
深い闇夜を切り裂いて
划破这深不见底的黑夜
目指すその向こうに
在我们想去的(海的)另一端
静けさ あるように
希望能有我们追寻的宁静
昨日までの私には
因为这对昨天的我来说
とても哀しい日の梦だから
是个非常悲伤的日子的梦
风に舞う花びらのようね
就像在风中飞舞的花瓣一样呢
きれい
好美啊
华の色は徒らに
虽然花儿的色彩只能空虚地
褪せて消え去るけど
褪色而後消逝
希望さえあれば
只要能留下希望就好
贵方が在るその隣で
如果在你的身边
いつか同じ时代を刻めるのなら
有朝一日能刻划同一个时代的话
华の姿も移り往く
那麼花儿的外貌也会改变
いつか违う体となって蘇り
迟早会化为不同的躯壳再次甦醒
优しい风を护りたい
我想要守护那温柔的风
咲いて散って そして咲く
开花之後凋零 然後再一次绽放
遥かな时代へ
传向更遥远的时代去

舰娘想歌提督との绊

歌 : 金刚型高速戦舰 -金刚、比叡、榛名、雾岛(CV.东山奈央)
海の底に眠る
深い哀しみと时の记忆から
目覚めた朝の光の中
提督(あなた)の梦を见る
凪いだ明日の海に
漕ぎ出す私の背中见つめている
提督(あなた)がくれた未来の航路(ちず)
大事に确かめる
鉄の沈む海峡も
暗を切り裂く戦いも
独りになったさみしささえ
越えてゆけるから
青い时の风と
提督(あなた)の优しい微笑み
いつでも心に抱いて
希望(あした)へ駆けていくの
提督(あなた)の眼差しに
私はこの时代(とき)で応える
硝烟もこの痛みさえ
そう
提督(あなた)との绊
空の果ての彼方
远い海の涟闻こえている
提督(あなた)がくれた私の日々
大事に思い出す
暗に沈む冷たさも
取り残される切なさも
终りを看取る哀しみさえ
纺いでゆけるから
红い时の炎
提督(あなた)となら怖くはない
想いを心に响かせて
未来(あした)へ駆けていくの
私が护り抜くよ
提督(あなた)を独りにはしない
硝烟もこの痛みさえ
私のドレス
青い时の风と
提督(あなた)の优しい微笑み
いつでも心に抱いて
希望(あした)へ駆けていくの
提督(あなた)の眼差しに
きっとこの时代(とき)で応える
信じてる
ねえ いつまでも
手を握っていて
参考资料
词条标签:
曲艺 文化